駐車場経営のノウハウ

駐車場経営をマスター

借り地で駐車場経営をする場合

借り地で駐車場経営をする場合 借り地を生きた存在にしていくためには、駐車場という感覚を大事にしていくことが現在は求められます。
自動車の移動が比較的激しい地域では、駐車するスペースを有効に活用していくノウハウが課されており、コインパーキングのような月ぎめでの契約を実施する商売が大切な側面となっています。
駐車場経営をする前にビジネスにおけるノウハウを学ぶ機会を自らで用意することが重要となるため、事業が軌道に乗るまでの日数や売り上げ目標を達成するための設備投資などを把握しておく意識が大事になります。
ここ数年は近所に駐車できる場所が増えていて、「競争」をすることが当たり前になったという指摘が見られることから、提供する車両のタイプに応じた賢い選択を講じていくというスタイルが鍵となっています。
一方駐車場経営は継続的に行う必要があるため、辛抱できる生活環境であるかを当事者がまずはきちんと確認しておくことが重要です。
お金の工面についても真剣に見ておくことが賢明なのです。

ローリスクで定収入を得られる駐車場経営

ローリスクで定収入を得られる駐車場経営 駐車場経営は、用途のない更地を活用したい場合の最もローリスクで手堅い不動産経営のひとつです。
契約車専用の月極めであれば、アスファルト舗装と駐車枠だけ整備すれば済みますし、コインパーキングにするとしても数十万円の投資で済みます。
また、アスファルト舗装の駐車場であれば、200㎡までであれば小規模宅地の特例が受けられるため、相続税対策としても有効です。
ローリスクでメリットの多い駐車場経営ですが、リスクがゼロというわけではない点には注意が必要です。
利用する車の騒音などによる近所とのトラブルが予想されますし、責任を負うことはないとはいえ、車上荒らしへの対策もある程度実施しなければ利用者は集まりません。
また、無断駐車の問題は常に付きまとうため、物理的に無断駐車を防止する措置を講ずるほか、無断駐車されてしまった場合にどのような措置を講ずるべきなのかをしっかりと調べておきましょう。
総括すると、リスクはあるものの、他の不動産経営に比べるとそのリスクは低いものであり、相続税対策等のメリットもあることを考えると駐車場は優れた不動産経営の方法であるといえるでしょう。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>